fbpx
BLOG/NEWS

【お客様インタビュー】DIY PARKからお家づくりをはじめた経緯をお聞きしました!(前編)

【お客様インタビュー】DIY PARKからお家づくりをはじめた経緯をお聞きしました!(前編)

みなさん、こんにちは!DIY PARKは、株式会社波多野工務店が運営しています。波多野工務店よりお家づくりに役立つ情報として、お客様のインタビューをご紹介します!


家づくりを検討している方で「家は欲しいけど、何をしたらいいのか」「お家づくりの何から始めればいいのか分からない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は実際に波多野工務店でご契約いただいた30代のY様ご夫婦にインタビューを行い、契約までの経緯やお家づくりの楽しさについてお伺いしました。ハウスメーカー選びに悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Y様ご一家の家族構成

30代のご夫婦と、2歳の男の子のお子さんが1人(撮影当時1歳)
現在、新居完成まで賃貸にお住まいです。

家づくりを考えたきっかけ

家づくりを考え始めたきっかけは何ですか?

奥様:結婚して子どもが産まれてからは、ぼんやりと「いつかは家を」と考えてはいたのですが、行動にうつしていませんでした。そんなときに、主人のお母さんから、地域情報誌に掲載されていた*手形 のことを教えてもらって、DIY PARKへ来ました。そこで、スタッフの濵﨑さんとお話して、DIY PARKのことやKIDS PARKのこと、波多野工務店が運営していて、家づくりもしているということを知りました。

DIY PARKのイメージ
DIY PARK外観
KIDSPARKのイメージ
KIDS PARK

 *手形……DIY PARKで行っている0〜24ヶ月の赤ちゃんとその保護者の方を対象にしたワークショップ「ファーストメモリー」のこと。名前と生年月日、写真、手形が付いた写真立てを作ります。詳細はこちら

奥様:その後、しばらく家づくりは何もしていなかったのですが、子どもが成長して歩けるようになってくると、今賃貸の3階に住んでいるのですが、子どものドンドンという足音が気になってきたことと、荷物を3階まで運び上げることが本当に大変に感じるようになってきて。自分の家があったら、こういうことを感じることもないのにな、と。そのあたりから、家が欲しいな、家を建てるなら早めに建てたいな、と思うようになりました。
ただ、そのときはまだ主人が今すぐ家を建てようという気持ちがなかったんですね。

そこで、奥様はどのようにされたのですか?

奥様:賃貸暮らしで家賃を払い続けたときと、家を新築したときのお金のシミュレーションをして、それを主人に見せて、将来どうなっていくのかを主人と共有しました。
ご主人:それを見て、将来こうなっていくなら、今から家づくりを始めたほうが良さそうだねと。そこから真剣に家づくりを考えるようになりました。

家づくりのイメージ

奥様の想いがご主人に伝わって良かったですね!
まず初めにどのようなことをされたのですか?

奥様:大手の住宅相談窓口に行って、いくつかの建築会社を紹介してもらい、モデルハウスや見学会など、いろいろと足を運びました。そんなとき、KIDS PARKにママ友と遊びに行ったときに、濵﨑さんにモデルハウス見学会に誘っていただき、後日主人と波多野工務店をモデルハウスも見学しましたね。

波多野工務店モデルハウス(現在公開終了しています)

そうだったんですね!来ていただきありがとうございます。

波多野工務店を選んだ理由

大開口で吹き抜けのあるお家(※イメージです)

他社も検討されたと思いますが、波多野工務店を選んだ理由は何だったのでしょうか。

ご主人:私は吹き抜けがあり、広々とした大開口の家が良かったので、そういう家が得意と言われている別の会社で、最初は進めようと考えていたんですね。
奥様:はい、最初はそうだったんです。そのときちょうど濵﨑さんからお声がけしてもらい、家の相談をしながらイメージを伝えたところ、すぐに手描きのイメージを見せてくださって。私たちのリクエストにも何度も応えてくれました。
ご主人:うん、そうだね。別の会社だと、こういう家ができますっていう、見知らぬ方のプランや写真を見せられて。せっかく「自分たちの」注文住宅を検討しているのにな、と残念に感じていました。

Y様ご家族と、横井濵﨑との打ち合わせ風景

ご主人:そんな中でもやはり決め手になったのは、濵﨑さんが提案してくださったイメージが奥さんの思い描くイメージとぴったり合ったことだよね。
奥様:そうですね。好みが合ったということが、本当に良かったです。何度か、濵﨑さんと私の服がかぶることがあって、センスが一緒だと驚いたこともありましたね(笑)。
他には、お子さんがいて実際に家づくりもされた経験があること、タイミングよく声をかけていただけたこと、担当してくださった横井さん・濵﨑さんが信頼できたことですね。

ありがとうございます! 隣で一緒にお話を聞いている濵﨑も、泣きそうなほど喜んでいます(笑顔)。

キッズパークのおもちゃのイメージ
KIDS PARKの木のおもちゃ


ご主人:(お子さんの相手をしながら)他の会社では、キッズルームがなかったり、あってもこんなKIDS PARKみたいに広いところはなくて。そういうところも、私たちには助かりましたね。いつも打ち合わせは、KIDS PARKとか、隣のお部屋を借りて、おもちゃも出してもらったので良かったですね。
奥様:そうでしたね。打ち合わせの時間も長くなることが多かったので、本当に助かりました。

ご主人:一度提案してくださったプランを、大幅に変えていただくお願いをしたこともありましたね。設計の長谷川さんにも、お手数をおかけして、申し訳ないという想いがありますね。
奥様:感謝の気持ちでいっぱいです。真摯な対応、人柄、安心感で波多野工務店に決めました。

ありがとうございます。
Y様ご家族の大切な家づくりを、私たち波多野工務店にお任せいただき、大変光栄に感じています。完成まで気を引き締めて、安心安全にお家づくりをさせていただきます。

家づくりでここだけは譲れないポイントはありましたか?

平面図のイメージ

奥様:家事動線にはこだわりました。キッチンを回遊できる動線や、玄関近くの手洗い・ファミリークローゼット、玄関からキッチンまでの短い動線も気に入っています。
今の賃貸住まいでは、洗濯物をリビングでたたんでいて、それぞれの収納に持っていく必要があるのですが、新居だと洗面・洗濯室とファミリークローゼットが隣接していて、隣に洗濯物を移動するだけなのも、とてもうれしいですね。
ご主人:私は当初から希望していた広いリビングと吹き抜けがかなえられたので満足ですね。
奥様:そうですね。寝ること以外はLDKで完結できて、家族の時間が持てるようになっているところが良いですね。

こだわりがたくさん詰まった新居の完成がとても楽しみですね!
次回のインタビューでは、お家づくりのクライマックスと言われる仕様決めや、お風呂・キッチンお料理体験について詳しくお聞きしたいと思います。次回もお楽しみに!

まとめ

波多野工務店でご契約いただいたお客様のインタビューをご紹介いたしました。
インタビューの中で感じたポイントは、家づくりで悩んだときにはモデルハウスや完成見学会へ足を運んでいただくと、より理想的な家づくりのイメージが浮かびやすくなるということ。そして、お客様の理想のお家を実現するには、ご希望・ご要望を積極的に発信し、さまざまなハウスメーカーのスタッフとのやり取りを通して、自分たちの想いやイメージを的確につかみ取る担当者に出会えると、その後の家づくりがスムーズに進めることができるということです。

波多野工務店では責任を持ってお客様の理想的な家づくりをサポートしますので、お気軽にお声がけください。家づくりのご予算に関するご相談も承ることができます。「家づくりまでいまいち踏み出せない」という方はぜひ波多野工務店にお気軽にご相談くださいね。

最新記事

すべて表示
TOP
KIDSPARK
PHOTOBOOTH